FC2ブログ
    大阪府高槻市でペットの美容、ホテル、トリミング教室を行っています。トイプードル・マンチカン・ミヌエット・チンチラペルシャの赤ちゃんも不定期でうまれます。トリミング教室では随時生徒募集!トリマー体験教室も好評開催中です!
    2018年11月20日 (火) | 編集 |
    【子猫を迎えるについて必要なもの】


    《おうち》
     サークル、ケージなど(屋根付き)


    《キャリーケース(できればハードタイプ)》
    サークルの中に入れて、扉を外せばベッド代わりにもなります。普段からキャリーに慣れさせておけば、病院へ行くときもこのまま移動できるので猫ちゃんは安心かも。キャリーケースは仔猫お迎えの日にお持ちください。


    《トイレと砂》
    砂は鉱物、紙、おからなどいろいろなタイプがありますがどれでも大丈夫です。おからの砂はたまに食べるコがいます。
    (特に犬がいると食べます)


    《爪とぎ(つめみがき)》
    カーペットタイプや段ボールタイプのものなどいろいろあります。



    《フードと水》
    ・フード
    こちらで食べているドライフードを数日分お渡しします。また、販売もしていますので必要な方は事前にお申し付け下さい。
    子猫のうちは1日に何回にも分けてチョコチョコ食べますので、1日量をどさっと食器に入れ置き餌してください。
    環境が変わり、フードの食べが悪い時はウエットタイプのものを少し混ぜて食べさせてみてください。
    ※子猫のうちにドライ、ウエットなどいろんなものを食べさせておかないと大人になってからでは慣れないものは食べないコが多いです。

    ・水
    猫はおしっこ関係の病気になりやすいので水分補給が大事。
    水を摂らない環境に居ると大人になっても
    あまり飲まないコになるので、子猫のうちから
    水分をたくさん摂る習慣をつけてあげたいです。
    みなさん、フードを食べないと心配されるようですが、
    水分量を気にされる方は少ないので気を付けてください。
    うちでは週に2日、缶詰又はササミを炊いたスープをフードにかけ、
    ふやかして食べさせています。
    このふやかしたフード、子どもの時に食べさせておかないと、
    おとなになってからではなかなか食べてくれません。
    最近ではどれだけ飲んだかわかるメモリ付きの食器も
    販売されています。
    ペットボトルを取り付けるタイプなら目印をつけておけば飲水量がわかります。


    《食器》
    えさ用と水用が必要です。


    《ベッド》
     ベッド、毛布、またはキャリーケースをベッド代わりに使用しています。


    《室温》
    夏場と冬場の室温調整をお願いします。使い捨てカイロやペットヒーター、湯たんぽ、エアコンなど工夫してみてください。湯たんぽや使い捨てカイロは食べられないよう、また低温やけどにご注意下さい。


    《リード、胴輪など》
    最近は猫もお散歩される方が増えてきました。成長とともにサイズをチェックし体に合ったものを選んであげてください。
     

    《ワクチンと健康診断》
    1回目のワクチンを接種してからのお渡しになります。
    ワクチンは生後55~58日頃を予定しています。
    接種後は稀に体調を崩すコがいます。
    その場合はお迎えの日を変更していただくことになりますのでご了承下さい。
    ワクチン証明書はお迎えの日にお渡しします。
    追加接種は証明書下部に記載の日にお願いします。
    余談ですが、ワクチン接種~30日以内に足を痛がる(特に前足)コがいます。
    動物病院さんでも多く報告を受けているとのことです。
    うちのコも子猫の時、前足を上げたままのコが3頭も出て「骨折かぁ??」と
    あわてて病院へ行った経験があります。
    レントゲンでも異常がなく、
    5日ほどしたら元気に走り回っていたので
    どうもワクチンが原因だったようです。
    ワクチンの日には健康診断も行います。
    ※3種混合ワクチン5400円
    ※健康診断書3780円(希望者のみ)


    《フィラリア》
    地域により蚊の活動時期が違うのでお薬を使用する期間も変わってきます。
    動物病院さんでご相談下さい。
    猫の場合は飲み薬は難しいので注射か首に垂らすタイプが便利だと思います。
    当方ではレボリューションを使用しています。
    フィラリアだけでなく、のみ、回虫、耳ダニにも効果があるそうです。


    《寄生虫》
    検便、駆虫は行っております。
    検便でクリアであっても寄生虫がいないというわけではないのがやっかいなところです。
    寄生虫の中には普段は細胞や筋肉のなかに潜んでいて、
    ストレスなどで仔猫の体力や抵抗力が落ちた時に
    はじめて細胞や筋肉から出てきて悪さをするタイプのものがあります。
    下痢、血便などが見られたときは、
    念のため便も持って動物病院で診察をお受け下さい。


    《猫カゼ》
    子猫のうちはよくカゼをひきます。
    涙や鼻水、くしゃみをするようでしたら
    動物病院で診察をお受けください。
    猫はカゼを引くと結膜炎になることも多くあります。


    《社会化とケガ》
    猫の社会性時期は生後2か月ぐらいまでと言われていますので
    お迎えの日まではママや兄妹と一緒に過ごさせています。
    そのため、兄妹で遊んでいて爪で目を傷つけるなど、
    思わぬケガをする場合があります。
    その場合はこちらで治療をしてからのお渡しとさせていただきます。
    1匹1匹に分ければ、ケガがなくて良いのかもしれませんが
    それでは同種動物に対する正常な行動パターンが身につきにくいだけでなく、
    動物が仲良く暮らすためのコミュニケーション能力も低くなるので
    兄妹は一緒に生活させます。


    《血統書》
    仔猫引取りの日までに間に合えばお迎え当日、間に合わない場合は郵送します。










    飼い主さんがお家にいるときはお部屋にフリーにしてあげることと思いますので
    サークル、ケージは、置き場サイズ、使い勝手によってお好きなものをご用意ください。
    仔猫のうちはあまり高いところへは飛び上がれません。(短足のコは大人になっても)
    成長とともに工夫して下さい。

    猫
    猫
    猫
    猫
    猫
    ハンモックは飛び降りる際、後ろ足がしっかり踏み切れないので、あわてんぼうの猫さんには注意が必要です。






    サークルの中にはベッドやキャリーを入れて寝床にしています。
    ホームセンターなどで売っている、折り畳みの椅子(踏み台?)も仔猫のうちは便利!
    中に隠れたり、飛び乗ったりと重宝します。


    猫
    猫
    猫
    猫
    猫
    猫



    お水は仔猫のうちはひっくり返すこともあるので
    しっかり固定できるタイプを使用。

    猫
    猫
    猫
    猫





    成猫は大きいサークルを使用しています。
    育児に疲れたママは、2段目3段目に飛び乗って日向ぼっこ。
    その点、パパたちは気楽な生活送っています♪

    猫


























    爪とぎはシートタイプで巻き付けるものもあります。

    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット