アスランくんのトレーニング(2泊目)★居場所をコントロールできたら・・・


アスラン

生後4ヶ月のアスランくん、きょうは「居場所をコントロール」の練習をしました。

すわれ、ふせ、来い、つけ、待てなどは犬の行動や

居場所をコントロールするための大事なコマンドです。

仔犬の時期なら時間もかからず、犬と飼い主の双方が楽しく行えます!

たいていは、朝10分、夜10分の1日で覚えます。

が、忘れてしまうので毎日行う必要があります。


生後4ヶ月のアスランは、とっても元気!

フリーにしたらとにかく走り回って、

見つけた物をくわえ興味しんしん!

テンション上がりっぱなし!

クールダウンが必要。


自由に走り回って良い時間と

トレーニングに集中する時間との切り替えが大事。


最初はこんな感じ。落ち着かず、逃げられてしまって(リードをつけてもいいです)






それが、今日1日で、途中で人が部屋を通り抜けて行ってもなんとか待てるようになりました。






指示でベッドにも入れるようになりました。

ベッド1 



ベッド2



ベッド3


アスラン、楽しそうでしょう~、それに張り切ってます。
最初とはぜんぜん違います。
人と一緒になにかをするのが楽しい、褒められるのがうれしいとわかってきたからです。
それがはっきりわかるとおやつは必要なくなります。
褒められること、そして飼い主といっしょに何かすること自体が最高のごほうびになるからです。




トレーニングの覚え始めは毎回おやつ、褒め言葉、体の愛撫をします。できるようになってきたら、おやつは2回に1回、3回に1回、と減らし最終的にはなしにします。褒め言葉と愛撫は毎回おこない、ハンドラーからの褒め言葉と一体感がなによりのご褒美、最高の幸せと感じられるコに育てます。




この時期はだれにでもなついて、いろんなことに怖がらない時期です。
すんなり受け入れることができます。

それが生後5ヶ月頃になると警戒心が出てきて
今まで経験したことがない刺激には怖がったり攻撃的になったり
ストレス要因になることがあります。

そんなストレスいっぱいのコにならないよう
いろんな体験をさせておいてあげましょう。

それはこの時期にしかできないことです。

居場所をコントロールしてあげることも安全確保と同じぐらい大切。


どこで待てばいいのか、
いつまで待てばいいのか
どこでおしっこやウンチをすればいいのか、
なにを噛んだらいいのか、
散歩の時どんなふうに歩けばいいのか、
他の犬とどうかかわればいいのか、
教えてあげないと犬はわからないので勝手にします。
それが人間にとって問題行動となります。

しつけは、犬という生き物の本能や習性を知らずして行うことはできません。

仔犬を迎えたら必ずどこかのしつけ教室に参加しましょう!

できれば仔犬を迎える前に「初めての仔犬勉強会」に参加されることをお勧めします
(nitta)










スポンサーサイト

| トイプードルのブリーダー&トリミング教室&高槻ペットのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ